M発電所1号煙突ライニング更新工事

M発電所1号煙突ライニング更新工事
事業分野
CE事業
都道府県
長崎県
施工場所
M市
発注者
民間
施工年月
2016年2月~2016年8月
採用工法
煙突内部ライニング工事

ライニング補修施工前

無騒音油圧破砕による既設ライニング撤去状況

既設ライニング撤去完了

新規ライニング材吹付状況

ライニング材吹付完了

高層煙突の内部ライニング更新工事である。既設ライニングの解体には安全性、騒音低減のため無騒音油圧破砕工法を採用している。騒音対策を求められるニーズが増えており、今後、採用が増えていく工法である。自社製造の煙突用耐火材を使用し、また、自社の専用機械を使用して施工している。

採用工法

  • 画像準備中

    煙突内部ライニング工事

     当社は、昭和47年国内で最初に、煙突・煙道用耐酸、耐水ライニング材を発売以来現在迄、製鉄、化学、発電設備等に多く採用されております。