営業線脇の既設老朽化のり面改良工事

営業線脇の既設老朽化のり面改良工事
事業分野
法面事業
都道府県
長野県
施工場所
長野県白馬村
発注者
東日本旅客鉄道株式会社
施工年月
2016年9月~2016年12月
採用工法
トーコンプラス工法

【課題】

・既設の張りコンクリート工の劣化が激しい箇所であった。

・営業線に近接した法面であり、取り壊して新設することは、危険を伴い、困難であった。

・付近に車による資機材の搬入路はなく、仮設はすべて夜間、軌道からの搬入となった。

【解決策】

・既設の張りコンクリート面を取り壊さずにトーコンプラス工法(SG特殊タイプ)で施工した。

・搬入列車の重量制限のため資機材はできるだけ小型化し分解して搬入し現場で組み立てた。

・吹付モルタル材や注入用グラウト材はすべてプレミックス仕様とし、使用しやすい形態とした。


施工前

部材設置完了

施工完了

プラント設置状況




採用工法

  • 画像準備中

    トーコンプラス工法

    トーコンプラス工法とは、老朽化し補修が必要なモルタル・コンクリート吹付法面を補修・補強する工法であり、密閉型と開放型の2タイプがある。

     【密閉型】 モルタル吹付の撤去を伴わない老朽化…