奥羽本線庭坂駅・赤岩駅間 法面補強工事

奥羽本線庭坂駅・赤岩駅間 法面補強工事
事業分野
法面事業
都道府県
福島県
施工場所
福島市町庭坂
発注者
東日本旅客鉄道株式会社
施工年月
 2016年 11月~2017年 3月 
採用工法
フリーフレーム工法
切土補強土工法

【施工工種】

吹付枠工(300×300-2.0m×2.0m)、鉄筋挿入工(L=2.0m)、排水補強パイプ設置工(L=3.6m)

枠内-植生土のう工,モルタル吹付工(t=10cm)


【目的】

鉄道盛土の浸食防止、崩壊防止

盛土表面の表流水・浅層地下水の排出、間隙水圧の抑制


【施工内容】

法面の崩壊防止を目的とする吹付枠工・鉄筋挿入工を行った。

枠内には、排水補強パイプを打設した。これにより、崩壊の発生要因となる表流水・浅層地下水を地表へ排出して、地盤の間隙水圧の上昇を抑制し、地盤全体の剛性を高めた。


施工前


施工完了



施工前



施工完了


採用工法

  • 画像準備中

    フリーフレーム工法

    フリーフレーム工法は、合理的な金網型枠の特性と吹付工法の特徴を生かして、切土のり面・自然斜面などに連続した枠を作る工法である。
  • 画像準備中

    切土補強土工法

    切土補強土工法は、地山を削孔し鉄筋などの比較的短い棒状補強材(モルタルまたはセメントミルク内に鉄筋等の芯材を設置したもの)を多数挿入することにより、地山と補強材の相互作用によって切土法面全体の安定性…