強酸性土壌地試験工事

強酸性土壌地試験工事
事業分野
法面事業
都道府県
長野県
施工場所
長野県上高井郡高山村
発注者
長野県長野地方事務所
施工年月
2003年6月
採用工法
斜面樹林化工法
エコストライプ工法
早期発芽力検定法
アルプラス工法

課題

  • ・高標高の強酸性土壌風衝地という厳しい環境条件下でも適用可能な緑化手法の検討
  • ・防災機能の高い植物群落の形成


解決策・提案内容

  • 試験的に斜面樹林化工法エコストライプ仕様を施工
  • 緑化目標:落葉広葉樹林の形成
  • 吹付厚さ:5cm
  • 使用植物:ミズナラ、ナナカマド、カラマツ、シラカンバ、イタヤカエデ、ヤマハギ、メドハギ、ススキ、CRF


施工3ヵ月後

  • 緑化領域と自然侵入領域ともにシラカンバ、ヤマハギなど導入種の発芽生育が確認されました。


施工3年3ヵ月後

  • 順調に植生回復が進み、自然侵入領域ではミヤマヤナギなどの自然侵入植物が確認されました。


施工10年3ヵ月後

  • 緑化領域でもミヤマヤナギ、ダケカンバなどの自然侵入植物が確認され、植被率は100%に達しました。


施工13年2ヵ月後

  • 両領域ともナナカマド、シラカンバを主体とする落葉低木群落が形成されていました。
  • 緑化領域と自然侵入領域の景観的な違和感は解消していました。
  • 周辺の無施工箇所と比較して、植生回復が明らかに促進されていました。


採用工法

  • 画像準備中

    斜面樹林化工法(2層吹付システム)

     斜面樹林化工法は,国内産在来種子を使用した播種工による自然回復緑化工法です。近年では,外来生物法などを踏まえてイネ科牧草類などの外来種を使用しない法面緑化への関心が高まっており,「道路土工-切土…

  • 画像準備中

    エコストライプ工法

     エコストライプ工法は,法面にあえて非面的な施工を行なうことにより,人為的に周辺植物の侵入領域となるギャップ(gap:植物が自然侵入できる空隙のこと)をつくり出して植物の自然侵入を促進させる緑化工法…

  • 画像準備中

    早期発芽力検定法

    ○木本植物種子の品質を休眠の有無にかかわらず、1週間前後で検定できる技術です。

      木本種子は休眠性をもつものが多く、従来の発芽試験だと結果がでるまでに数ヵ月、…

  • 画像準備中

    アルプラス工法

     アルプラス工法は,貝殻を原料とする天然リサイクル酸性矯正資材「シェルレミディ」を用い,pH4.0以下の強酸性土壌が出現した法面を緑化する工法です。


     アルプラス工法には,シェルレミディを生育基…