利根川左岸法面改修工事

利根川左岸法面改修工事
事業分野
法面事業
都道府県
群馬県
施工場所
群馬県沼田市利根町
発注者
農林水産省関東農政局
施工年月
2017年7月~2018年1月
採用工法
トーコンプラス工法
熱赤外線による法面診断

【施工工種】

老朽化モルタル吹付対策工 A=1,374㎡

空洞充填工 V=43.9㎥

【課題】

・河川の水質管理

・降雪前の工事完成

【解決策】

・既設法面の洗浄水や吹付リバウンドは、土嚢を積み上げ仮囲いを設置し河川への流出を防止した。

・法面洗浄水やプラント排水は、排水処理設備で中和し適正な処理を施してから河川へ放流した。

「施工前」


「排水処理設備」


「法面高圧洗浄」


「フレームワッシャー設置」


「赤外線空洞調査」


「施工完了」









採用工法

  • 画像準備中

    トーコンプラス工法

    トーコンプラス工法とは、老朽化し補修が必要なモルタル・コンクリート吹付法面を補修・補強する工法であり、密閉型と開放型の2タイプがある。

     【密閉型】 モルタル吹付の撤去を伴わない老朽化…

  • 画像準備中

    熱赤外線による法面診断

    熱赤外線カメラを用いて、モルタル吹付の表面温度の変化を測定し、吹付背面の空洞化や風化の進行を面的に把握する調査方法である。