事業分野から探す

RJP工法

事業分野
地中事業
カテゴリ
地盤改良工事
工種
高圧噴射撹拌工法
分類
三重管工法

特徴

RJP工法は、改良深度まで削孔後、上段ノズルから超高圧水を、下段ノズルから圧縮空気と超高圧硬化材を同時に地盤中に回転して噴射させ、地盤を切削し、スライムを地表に排出させると同時に直径2.0m~3.5mの円柱状の改良体を造成する、三重管高圧噴射撹拌工法です。

利点

①常用圧力40MPa、吐出量100ℓ/分(S-RJP190ℓ/分、D-RJP300ℓ/分)で硬化材を噴射することで大断面の改良ができます。

 ②揺動機構により、改良体断面は円形から扇形までのあらゆる角度まで自在に選択できます。

 ③改良目的に合せて硬化材を選定することにより、適切な改良強度で造成できます。

 ④高粘着力(C=50~90kN/m²)を有する粘性土地盤においても、先行水切削を併用して施工することにより所定の 有効径が確保できます。

施工手順