事業分野から探す

MJS工法(全方位高圧噴射撹拌工法)

事業分野
地中事業
カテゴリ
地盤改良工事
工種
高圧噴射撹拌工法
分類
多孔管工法

特徴

超高圧硬化材を地盤中に揺動させながら地盤改良体を造成する工法です。 切削と同時に発生するスライムは、地盤内圧力を管理し、その量を調整排出しながら専用の排泥管で排出します。 水平・斜め方向に施工が可能で、周辺地盤への影響がありません。

対応箇所

水平施工
地下埋設物が輻輳する都市部において、地上からの施工が困難な現場に最適な工法です。
地盤内圧力をコントロールすることにより、地表および地下の構造物に影響を与えることなく、幅広い用途に適用できます。

 ・構造物及び在来線軌道下の防護

  

 

斜め施工

上部に制限があったり、施工ヤードが限定される場合に適しています。

従来の高圧噴射撹拌工法では不可能であった範囲まで、改良ができます。


・地下構造物(地下鉄、共同溝等)の防護

                           



                           

鉛直施工

河川下や海上施工、重要構造物の近接施工に適しています。

また、大深度の改良も可能となりました。


・河川下、海上での地盤改良

                           



                            

利点

①水平、斜め、鉛直施工が可能 

鉛直施工はもちろん、あらゆる方向に改良体を造ることができます。
②周辺地盤に影響を及ぼさない 
地中および地表面に対して、改良中における影響を防止します。
③大深度の地盤改良が可能  
従来工法では不可能な大深度(40m以上)に対応できる地盤改良工法です。
④排泥処理が集約できる 
専用管を通じて、排泥が直接移送できるため現場をきれいな環境に維持できます。
⑤改良による汚染を防止
排泥を放出しないため、目的の範囲内に改良体を造ることができ、土壌・水中への汚染を防止します。
⑥改良体を選定できる
改良体断面は円形から扇形までのあらゆる角度まで自在に選択できます。

施工事例

施工手順

水平施工                    


鉛直施工