事業分野から探す

ソレタンシュ工法(ダブルパッカ工法)

事業分野
地中事業
カテゴリ
地盤改良工事
工種
薬液注入工法
分類
ダブルパッカ工法

特徴

ケーシング削孔により設置したスリーブ付の注入外管を利用し、ダブルパッカを装着した注入内管を挿入して、1ショットで注入する工法です。1次注入としてセメントベントナイト液を注入し、2次注入としてゲルタイムの長い溶液型の薬液を注入します。薬液注入工法では最も信頼性が高い工法です。

対応箇所

ダブルパッカ工法が優位となるケース

  1. 削孔深度が25m以上の場合
  2. ロータリーパーカッション方式の削孔が必要な場合
  3. 重要構造物の近接施工の場合(軌道下、道路下、建設物直近)
  4. 高い遮水性が要求される場合
  5. 大規模開削の底盤改良の場合
  6. その他特に高い注入効果を期待する場合

利点

①注入外管を設置するため繰り返し注入が可能です。 ②長いゲルタイムの注入材による低量、低圧注入が可能であるため、重要周辺地盤への影響が少なく、重要構造物や埋設物への近接施工に適しています。