事業分野から探す

TRD工法

事業分野
地中事業
カテゴリ
土留工事
工種
地中連続壁工法
分類
ソイルセメント地中連続壁工

特徴

TRD工法は地中に差し込んだカッターを横方向に移動させて掘削、固化液と原位置土とを混合・攪拌し、壁状の固化体を地中に造成する工法です。H鋼などの芯材を挿入し、地下掘削時の土留め止水壁として適用します。

対応箇所

施工状況(使用機械:TRDⅢ型)


利点

① 高い安定性
  機械高さが低く、カッターポストが地中に有るため転倒に対する安定性が高いです。 ② 連続性に優れた等厚壁
  ・止水性の高い壁が造成できます。
  ・任意な間隔で芯材の設置が可能です。
  ・PC壁体、鋼矢板、遮水シート等の製品が壁体設置が容易です。
③ 高精度な施工管理
 カッターポストに組み込まれた多段傾斜計測システム(PFM)により高い壁体精度をリアルタイムに管理・施工します。
④ 優れた攪拌能力による高い壁品質(透水係数など)
 対象の土層を全層撹拌するため、均一な品質の地中連続壁が出来ます。

施工事例

施工手順

壁造成手順