事業分野から探す

JETMS工法

事業分野
地中事業
カテゴリ
既設構造物補修工事
工種
裏込注入工法
分類
可塑性グラウト

特徴

JETMS(ジェトムス)工法は、2種類のミルクをショットする(Twin Milk System)ことにより充分な可塑性能を実現した、長距離圧送型可塑性グラウト材工法です。

対応箇所

〇湧水、溜水、流動水のある箇所の裏込め注入

  トンネルの補修・改修工事、新設トンネル、深礎杭等

〇水と接する部分の空洞充填

  河川構造物、港湾構造物、既設構造物と地盤の境界面、密閉された管内の充填、廃坑の充填等

〇その他限定注入が要求される注入、充填等

  

利点

①長距離圧送が可能  材料の流動性が優れているため、配管抵抗が非常に小さく、2kmまでの長距離圧送が可能です。 ②環境に負荷を与えない材料  2種類のミルク(共に無機系材料と水)を混合することにより可塑化する材料で、重金属の溶出も認められません。 ③湧水に強いエアーレスタイプ  2種類のミルクがショットすると瞬時に可塑化するため、水に強く材料分離や希釈がなく品質が安定しています。 ④安定した強度  材料分離がないため、バラツキが少なく、長期にわたって安定した強度を確保できます。

施工手順

                               


施工フロー図