事業分野から探す

デールチップ工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
環境緑化工事
工種
植生工法
分類
資源循環型緑化工

特徴

 デールチップ工法は,土木工事現場で発生する伐採木や根株,間伐材,剪定枝,竹材等をチップ化して植生基材吹付工の生育基盤材として再利用(リサイクル)する資源循環型緑化工法です。

 従来工法のようなチップ材の堆肥化が不要で,木質廃材をチップ化してすぐに緑化工事に使用でき,さらに資材の仮置きや堆肥化のためのヤードが省略できるため,コスト削減にも有効な緑化工法です。

対応箇所

土工指針「資源循環型緑化工」に準じます。
  • 砂質土,粘性土,礫質土,岩や岩屑盛土法面
  • 1:0.5より緩勾配

デールチップ工法の選定フロー


利点

  1. 伐採木・間伐材,根株,剪定枝,枝葉等をチップ化して有効利用できる。
  2. 生チップをそのまま植生基材として使用できるので堆肥化の必要がない。
  3. リサイクル材の使用により工事費を低減できる。
  4. 施工性が良好で工期短縮できる。
  5. 短繊維材の混合により生育基盤材の連結性が向上する。
  6. 緩勾配法面等では金網張工が不要となる。
  7. 基盤補助材の混合により生チップの欠点である保水力・保肥力低下を抑制する。
  8. 植生基材吹付工と同等の法面保護効果が得られる。

施工事例

施工手順

手順1 チップ破砕工
手順2 法面清掃工
手順2 金網張工
手順3 吹付工

抜根材等の破砕状況


伐採・抜根材の破砕状況                二次破砕後の生チップ










施工プラント                       吹付状況












  この写真は2015年12月以前に施工したものです。

施工前                           施工1年4ヵ月後