事業分野から探す

CDM-Mega工法(大径型深層混合処理工法)

事業分野
地中事業
カテゴリ
地盤改良工事
工種
機械撹拌工法
分類
スラリー撹拌

特徴

CDM-Mega工法は、CDM工法(φ1000×二軸)の攪拌翼径を1,000mmから1,200mm、1,300mmに拡大することで、施工能力の向上と工期の短縮を図ったもので、二軸機が基本となっている工法です。

対応箇所

CDM-Mega工法の用途には、大きく以下の2つに大別されます。
・本設利用・・・各種構造物の基礎地盤を改良、強化します。
・仮設利用・・・地盤の掘削を行う際、仮設構造物として用いられます。
対象地盤に応じた拡大改良径Φ1200mm,Φ1300mmを使用し、大断面・大容量化による施工効率の向上を図ります。


利点

① 従来の汎用機の組合せで施工が可能です。
② 経済性の向上と工期の短縮が見込めます。
③ 施工管理項目を集中コントロール方式で行い、信頼性の高い施工管理が可能です。
④ 低振動・低騒音の工法です。
⑤ 施工実績が豊富です。
⑥ 攪拌翼による改良なので、確実に円柱状の改良ができます。

施工手順

適用地盤と最大貫入深度