事業分野から探す

KIT受圧板

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面崩壊抑制・抑止工事
工種
アンカー受圧板工
分類
鋼製受圧板

特徴

KIT受圧板は、斜面崩壊や地すべりを防止するためのグラウンドアンカーの鋼製受圧板である。

対応箇所

切土法面、石積み・擁壁、地すべり法面、既設構造物ほか 

 

施工箇所

利点

①工場製品なので、従来工法の吹付法枠工と比べて現場作業を省力化でき、品質が安定している。

 ②工場製品なので、従来工法の吹付法枠工と比べてコンクリートの養生が不要であり、逆巻き施工が容易で、工期短縮および施工時安全性の向上が図れる。

③受圧板1基あたりの重量が126~773kgと軽量なので、施工性に優れる。

④「亜鉛アルミ擬合金溶射」により防食性能に優れる。

⑤受圧面積が異なる2つのタイプ(KITクロスタイプとKITセミスクエアタイプ)があり、幅広い設置地盤に対応できる

⑥受圧板の仕様が72種類から最適の仕様を選択できるので、経済的である。                 

施工事例

施工手順

①準備工
②削孔
③注入
④テンドン挿入
⑤加圧注入
⑥KIT受圧板据付
⑦緊張・定着
⑧後片付け