事業分野から探す

アルプラス工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
環境緑化工事
工種
植生工法
分類
強酸性土壌対策工

特徴

 アルプラス工法は,貝殻を原料とする天然リサイクル酸性矯正資材「シェルレミディ」を用い,pH4.0以下の強酸性土壌が出現した法面を緑化する工法です。

 アルプラス工法には,シェルレミディを生育基盤に混合して吹き付ける「矯正材混合タイプ」と,シェルレミディを用いた酸性矯正層を造成し,その上に生育基盤を吹き付けて緑化する「矯正層造成タイプ」があり,現場の状況に適合した施工タイプを選定・適用して強酸性土壌の緑化を図ります。

 pH 4.0以下の強酸性土壌を緑化する場合,酸性土壌対策工を施さないと,植物が水素イオンによって直接受ける影響と,土壌成分や土壌微生物の動態の変化による間接的な悪影響が生じます。したがって,強酸性土壌が出現した場合には,通常の緑化工事による対応では植生を維持・回復させることは困難であり,強酸性土壌対策工としてアルプラス工法の適用を検討する必要があります。

対応箇所

  • pH4.0以下の強酸性土壌が出現した法面等

アルプラス工法の選定フロー


利点

  1. 環境にやさしい シェルレミディは,カキやムラサキイガイなどの貝殻を粉砕したリサイクル資材です。水に溶けないので水質を悪化させず,自然の力により強酸性を矯正して植生を回復します。
  2. 効果が長期間持続 シェルレミディは,酸性に対する中和効果が長期にわたって持続します。
  3. 低コストを実現 シェルレミディはリサイクル資材であり,低コストな施工を実現します。

施工手順

矯正材混合タイプ
 手順1 法面清掃工
 手順2 金網張工
 手順3 吹付工

矯正層造成タイプ
 手順1 法面清掃工
 手順2 金網張工
 手順3 矯正層吹付工
 手順4 基盤層吹付工


アルプラス工法の標準断面略図


施工前                           施工2年7ヵ月後