事業分野から探す

ウイングロック植生工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
環境緑化工事
工種
植生工法
分類
植生基材吹付工

特徴

 ウイングロック植生工法は,既設のモルタル・コンクリート吹付面を取り壊すことなく全面緑化できる環境対策型の維持補修工法です。

 二層構造の厚みのある生育基盤を造成し,永続性に優れる植生のり面を創出します。

対応箇所

  • モルタルコンクリート吹付面

利点

  1. 建設副産物発生の抑制 モルタル・コンクリートの取り壊しが不要のため,建設副産物の発生を抑制できます。また,工期短縮や安全性の向上にも貢献します。
  2. 削孔穴の有効性 モルタル・コンクリート面を削孔するため,地山からの水分補給ができるとともに地山への根系の侵入が促進され,植物の生育や生育基盤の安定に効果を発揮します。
  3. 超厚層の生育基盤 生育基盤の厚さは,基盤砂12cmと植生基材3cmの合わせて15cmで厚く,植物の生育性に優れています。また超厚層の生育基盤は,ウイングアンカーで支持されます。
  4. 耐降雨侵食性 降雨には表層の植生基材が抵抗し,地山からの浸透水は基盤砂が速やかに排出するため,生育基盤は耐降雨侵食性に優れています。

施工手順

手順1 法面清掃工
手順2 穴抜工
手順3 ウイングアンカー工
手順4 基盤砂吹付工
手順5 金網張工
手順6 植生基材吹付工