事業分野から探す

山取苗吹付工法(地域性種苗利用工)

事業分野
法面事業
カテゴリ
環境緑化工事
工種
植生工法
分類
苗木設置吹付工

特徴

山取苗吹付工法は、これまで法面整形や法面清掃時に捨てられていた現場内の地域性苗木を採取して、法面緑化で有効利用するエコロジカルな補助工法です。

山取苗吹付工法は、吹付植栽で苗木を法面に固定できるので、通常の苗木植栽が困難な岩盤法面にも植栽可能で、播種工(植生基材吹付工)との組み合わせにより多様性豊かな緑を創造できます。

対応箇所

 節理のある岩盤法面
 土工指針の「苗木設置吹付工」に準じます。
  • 粘性土(土壌硬度23mm以下)
  • 砂質土(土壌硬度27mm以下)
  • 1:0.8より緩勾配

利点

  1. 法面周辺に生えている苗木を有効活用 これまで法面整形や法面清掃時に捨てられていた苗木を採取して有効利用します。
  2. 苗木を育成する必要がありません 採取した苗木は、施工までの間、仮植えしたり、短時間であれば水槽に根を浸して養生し、そのまま利用します。
  3. 苗木の運搬を省力化 植栽作業において、根鉢のついた重い苗木(ポット苗)を運搬する必要がありません。
  4. 短時間で植栽 根鉢のない苗木を法面に設置し、植生基材吹付工により効率よく植栽します。
  5. 高い活着率 保水性の高い植生基材吹付工で吹付植栽するので、施工後に散水管理を行わなくても、良好な活着が期待できます。
  6. 岩盤法面にも植栽可能 岩盤の節理に苗木の根を挟み込んで吹付植栽することにより、苗木を植えることができない岩盤法面にも植栽できます。
  7. 播種工と組み合わせて多様性豊かな緑を形成 斜面樹林化工法をはじめとする植生基材吹付工と併用することにより、多様性豊かな緑を創造できます。

施工手順

① 苗木採取(法面整形・清掃時)              ② 苗木養生









③ 苗木設置                                                            ④ 吹付植栽工

                  









  これらの写真は2015年12月以前に施工したものです。


採石場の最終残壁法面における施工事例

① 施工前                          ② 施工直後









③ 1年後                          ④ 4年5ヵ月後









⑤ 8年9ヵ月後                        林床の様子