事業分野から探す

苗木設置植栽工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
環境緑化工事
工種
植生工法
分類
苗木設置吹付工

特徴

 苗木設置植栽工法は,エアー方式の植生基材吹付工を用いてコンテナ苗(ポット苗)を吹付吹栽して自立させる植栽工法です。

 法面に苗木を植栽する場合,従来の植え穴を掘って植栽する方法は,地山への雨水の浸透を促して風化を促進させてしまうので,法面を不安定化させる原因となります。

 苗木設置吹付工は,法面に植え穴を掘る必要がないため,法面を不安定化させることなく苗木を導入することができます。

対応箇所

 土工指針の「苗木設置吹付工」に準じます。
  • 粘性土(土壌硬度23mm以下)
  • 砂質土(土壌硬度27mm以下)
  • 1:0.8より緩勾配

利点

  1. 法面を不安定化させない 法面に植栽するとき,柵等の構造物を設置したり厚い客土を行うと,構造物の劣化や地山の風化に伴って法面が不安定化します。苗木設置植栽工法は,植生基材吹付工で植栽する簡易な工法なので,法面が不安定化する要因を作りません。
  2. 植栽に時間がからない 機械施工法である吹付工により,苗木を効率よく植栽できます。
  3. 高い活着率 保水性の高い有機質系植生基材吹付工で吹付植栽するので,施工後に散水管理を行わなくても良好な活着が期待できます。
  4. バラエティに富んだ緑の形成 播種工では導入が難しい樹種や花木等を使用できるため,播種工との組合せによりバラエティに富んだ緑環境を創造できます。
  5. 信頼性の高い緑化技術 苗木設置植栽工法は,国土交通省国土技術政策総合研究所との技術協力により生まれた工法です。

施工手順

手順1 法面清掃工
手順2 金網張工
手順3 位置出し工(植栽箇所のマーキング)
手順4 苗木設置工
手順5 吹付植栽工

標準断面略図


苗木の設置


施工後の植生推移1      

①施工中                                       ②8ヵ月後












③5年4ヵ月後                                     ④23年3ヵ月後













施工後の植生推移2

①施工前                                        ②8ヵ月後











③7年2ヵ月後                                      ④23年3ヵ月後