事業分野から探す

オルガソイル工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
環境緑化工事
工種
植生工法
分類
植生基材吹付工

特徴

 植生基材吹付工(厚層基材吹付工)は,古くは岩盤緑化工法として無土壌岩石地を急速緑化するための工法として開発されました。現在では,法面緑化工法として広く普及しています。ところが近年では,経済性を重視するあまり,非常に品質の悪い生育基盤材が巷にあふれ,施工後に容易に侵食を受けて裸地化するようなケースが見受けられるようになってきました。

 東興ジオテックは,耐侵食性に優れた従来の植生基材吹付工の品質を維持するため,良質のバーク堆肥とピートモスを混合した有機質系生育基盤材「オルガソイル」を主材料に用いる植生基材吹付工を用意しています。

 また,岩盤緑化工法として開発された歴史があるON吹付緑化工法は,バーク堆肥とピートモスを混合した有機質系生育基盤材を普通ポルトランドセメントで接合する植生基材吹付工です。耐侵食性に非常に優れた生育基盤を造成できるので,モルタル吹付面等の修景緑化工法として有効です。


対応箇所

土工指針「植生基材吹付工(厚層基材吹付工)」に準じます。
  • 土砂,礫質土,岩質法面
  • モリタル吹付面,コンクリート護岸面など
  • 1:0.5より緩勾配

利点

  1. 良質のバーク堆肥とピートモスを混合した品質に優れた有機質系生育基盤材を使用します。
  2. 独自開発した侵食防止材「レミコントロール」により耐侵食性に優れた生育基盤を造成します。
  3. 耐久性の高い生育基盤が造成できるので緑化困難地の緑化工法として有効です。
  4. 岩盤法面のほか,モルタル吹付面やコンクリート護岸面等の構造物の修景緑化が可能です。
  5. 強酸性土壌への対応(アルプラス工法),金網の省略(ノンラス工法),急勾配法面への適用(ユルクナール),表土の活用(つちプラス工法)をはじめとする施工のバリエーションが可能です。

施工手順

手順1 法面清掃工
手順2 金網張工
手順3 吹付工


日本で最も古い厚層基材吹付工の現場

 現在ではすっかり汎用的な緑化工法として定着している厚層基材吹付工(植生基材吹付工ともいいます)は,東興ジオテック株式会社(旧東興建設株式会社)が世界に先駆けて開発した工法です(工法名:ON吹付緑化工法)。この現場は,1974年10月に富士スバルライン沿道の標高2,000mの岩盤法面で施工されました。故倉田益二郎先生の名著『緑化工技術(森北出版)』にも紹介されています。

  • 施工直後の状況


  • 施工29年3ヵ月後の状況



高品質の生育基盤材「オルガソイル」を用いた急速緑化

 植生基材吹付工で吹き付ける生育基盤の耐侵食性と植物生育性は,主材料の生育基盤材の品質と,侵食防止材の種類,そして適切な施工管理により決定します。

  • 施工前                             施工5ヵ月後