事業分野から探す

ファーストクリート工法(長距離・高揚程・高強度圧送吹付工法)

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面崩壊抑制・抑止工事
工種
法枠工
分類
現場打吹付法枠工(長距離圧送吹付)

特徴

 重量比1:3配合のモルタルに、高性能AE減水剤とモルタル・コンクリート吹付工用クラック発生抑制短繊維材「キリファイバー」(NETIS No.KT-140036-A)を混合させた高流動性モルタルをコンクリートポンプにより、吹付箇所の近傍に設置した合流装置(ラインミキサ)まで圧送する。合流装置(ラインミキサ)内で特殊急硬剤とエアを混合させ、瞬時にエア搬送に適する低スランプにし、均質かつ高強度のモルタルをのり面に吹付ける工法である。




対応箇所

従来工法では、施工が困難である、吹付プラントから直高45m以上、ホース延長100m以上の位置にある箇所への施工が可能となる。また、従来工法より高強度(設計基準強度σ1ck=24N/mm2)であるので、従来工法では難しい高強度の構造物への吹付が可能となる。

・法面保護に用いる吹付工・吹付枠工

・グラウンドアンカーの受圧構造物(吹付枠工、受圧板)

・長距離・高揚程の施工難所の構造物構築

・落石予防工(根固め工)など


利点

①高流動モルタルを用いることで、長距離・高揚程の施工が可能となる(高さ120m、配管延長500m)。

②1:3モルタルという単位セメント量が482kg/m2と多いので、リバウンド少なく、均質で高強度な構造物を構築できる(設計基準強度σck=24N/mm2)。

③特殊急硬剤の添加量の増減により、モルタル硬化時間の制御が可能である。

④キリファイバーを混入することで、クラックの発生を抑制することが可能となる。

施工手順

①準備

②プラント設置

③配管設置

④機械試運転

⑤試験圧送

⑥圧送吹付

⑦配管撤去

⑧プラント撤去

⑨清掃・片付


施工事例