事業分野から探す

ニュージャストショット工法(落石対策工・岩盤接着工)

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面防災・補修工事
工種
落石対策工
分類
岩盤接着工

特徴

ニュージャストショット工法は、結合材の一部と骨材のすべてに、リサイクル材料である高炉スラグ材を用いた環

境負荷低減型のプレミックスモルタル材を、吹付機で吹付ける工法です。

岩盤などの割れ目や充填、不安定岩塊の固定に優れ、コンクリート構造物の断面補修にも適した工法です。

従来では困難であった酸性条件下や高所・長距離吹付も可能な工法です。


NJSモルタルの特長

 ・無機系無収縮短繊維混入モルタルで、ひび割れの発生を著しく低減できるプレミックスタイプの材料

 ・高強度(30N/mm2)・高靱性・強い接着力・耐酸性(日本下水道事業団 断面修復用モルタル品質規格)

 ・乾式吹付機による長距離圧送が可能(ホース延長300m、垂直100m)

 ・結合材の一部と骨材全量をリサイクル材料で配合



対応箇所

・落石発生源対策としての岩盤接着工(酸性条件下でも対応可能)

・岩盤の岩盤接着工・法面保護工(同)

・塩害を受ける構造物の断面補修

・下水道コンクリートライニングの断面補修

・温泉地周辺コンクリート構造物の表面被覆

・ホース延長300m、直高100mの高所・長距離吹付



利点

・長距離圧送が可能(直高100m、ホース延長300m)

・目地の施工能率が高く、施工コストが安価である。

・目地の充填性に優れる。

・ロープ足場で施工できる。

・吹付工法であるため、高強度である。





施工事例

施工手順

1.施工対象物の清掃

 ・浮石、土砂、根の除去

 ・水洗い清掃

2.キャリブレーション

 A.NJSモルタルの吐出量確認

 B.水量確認

 C.NJSモルタルの試料採取→試験による確認

3.NJSモルタル吹付け