事業分野から探す

落石トメタロー(転石一体化根固めロックボルト工法)

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面防災・補修工事
工種
落石対策工
分類
落石予防工

特徴

不安定な石を安定した石の形状に変える工法です。

工法概要

◯落石トメタローは、不安定な転石と強固な基礎の一体化を図る工法です。

◯今まで法面工として様々な工法が開発されてきました。私達は調査の段階から個別の転石処理を考え、自社で開発した独自技術を複合し、落石対策に発展応用させました。

◯高エネルギー吸収型の対策でも抑止不能な斜面上の転石を原位置で効率的に抑止できる安全・確実な工法です。ロックボルト(鉄筋挿入工)を併用することで、300t(5m×5m×5m)クラスの転石にも対処可能です。

◯不安定な転石と強固な基礎の一体化をはかり転石の形状を変えるという新しい発想で、不安定な転石の重心位置を下げ、地山との付着面を大きくすることによって、転倒と滑動を起こしにくい構造体になります。

◯転石の状況に応じて、簡易型、滑動防止型、転倒防止型のいずれかを選定します。


対応箇所

①斜面上に巨大な転石が点在する現場(他の工法では抑止不能な転石)

②巨大な転石の小割撤去が困難な現場

③高エネルギ-型落石対策工では、あまりにも費用が増大してしまう現場

④立木を残して施工を行いたい現場

⑤個別処理が可能な現場

⑥設計計算が可能な根固めコンクリート工(抑制工)を採用したい現場

⑦吹付プラントから転石までの距離が遠い現場(ファーストクリートDRYを採用した場合)

利点

・現場に応じた対応が可能

・個別処理が可能


現場実施例

滑動防止型


施工手順

①吹付枠工(□300~500) 

②根固めコンクリート工 

③一体化処理工(繊維補強モルタル吹付) 

④ロックボルト工(鉄筋挿入工)→滑動を防止する場合  

⑤ワイヤーロープ掛け工→転倒を防止する場合