事業分野から探す

ユルクナール緑化工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
環境緑化工事
工種
緑化基礎工法
分類
急勾配法面対策工

特徴

 ユルクナールは,金網製の傾斜緩和部材(ユルクナール)を法面に設置することで、従来緑化が困難とされた急勾配法面を人為的に緩く勾配修正し,植生基材吹付工による植生導入を確実に行なうことを目的とした緑化基礎工法です。

対応箇所

  • 1:0.8~1:0.3の安定した急勾配法面

ユルクナールの傾斜緩和効果


利点

  1. ユルクナールをあらかじめ敷設された菱形金細に結束するだけであり,設置が容易です。
  2. 勾配が緩和されるため,l:0.8より急な勾配でも安定した生育が図れます。
  3. ユルクナールによって植生基盤の侵食防止や流亡が抑えられるため,より永続性の高い緑化工が可能です。
  4. 吹付法枠のピッチの変更にも対応可能です。
  5. 小規模な施工面積でも適用可能です。
  6. 簡易的な使用材料と施工内容であるため経済性に優れています。

施工事例

施工手順

手順1 法面清掃工
手順2 金網張工
手順3 ユルクナール設置工
手順4 吹付工

ユルクナールの標準施工図


施工中

  この写真は2015年12月以前に施工したものです。


施工後                           緑化状況