事業分野から探す

RCネット工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面防災・補修工事
工種
落石対策工
分類
落石防止網工(エネルギー吸収型)

特徴

RCネットは、菱形金網、ワイヤロープ、アンカーおよび緩衝装置などで構成された高エネルギー吸収型落石防護網工である。ワイヤロープに緩衝装置を備えることで落石エネルギーを吸収し、落石の跳躍を抑えエネルギーを減衰させ安全な場所(法尻の余地)まで誘導あるいは斜面の途中で停止させる。


RCネットの構造概略

対応箇所

落石の発生の恐れのある斜面。

大きなエネルギーの落石まで対応が可能。


RCネット適用目安




利点

従来の落石防護網のアンカー部分に端緩衝金具、ワイヤロープ部分の交点にクロス緩衝金具を用い、落石によるエネルギーを緩衝金具とワイヤロープの摩擦エネルギーで吸収する特性を持った高エネルギー吸収型落石防護網であり、RCネットは現地条件により4型式の選択が可能である。 中でも覆式、ポケット式RCネットは最大落石重量200kN(約20t)、最大落石エネルギー約8,000kJに対応可能である。


RCネットの4つの工法



施工手順

代表的な施工手順を示す。

覆式

  ①準備工

  ②RCネット金網組立工

  ③RCネットロックアンカー設置

  ④RCネットワイヤロープ組立

  ⑤RCネットクロス緩衝金具組立工

  ⑥RCネット端緩衝金具組立工

  ⑦片付け


 

  

 

これらの写真は2015年12月以前に施工したものです。


ポケット式

  ①準備工

  ②RCネットロックアンカー設置                                           

  ③RCネット支柱設置

  ④RCネット金網組立工

  ⑤RCネットワイヤーロープ組立工                                         

  ⑥RCネットクロス緩衝金具組立工                                        

  ⑦RCネット端緩衝金具組立工                                           

  ⑧片付け