事業分野から探す

TXI落石防護柵工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面防災・補修工事
工種
落石対策工
分類
落石防止柵工

特徴

TXI落石防護柵工法は、リングネット落石防護柵シリーズの100kJ仕様である。従来の金網の3~5倍の引張強度を持つTECCOネットを落石捕捉面に使用し、両端部にはエネルギー吸収装置(ブレーキリング)を装着して効率良く落石エネルギーを吸収することができる。

対応箇所

落石の発生の恐れのある斜面。                                              

・道路、鉄道、管路等の落石防護施設

・急傾斜地における落石防護施設

 

利点

①脱着しやすいリプレイスロープの採用により、メンテナンスがしやすい。 

②擁壁上の設置では、従来の落石防護柵より落石捕捉性能で優れている。 
③斜面中腹の設置では、従来の山腹λ型防護柵より落石捕捉性能と経済性に優れている。 
④落石捕捉後の部材変形は小さく、維持管理費をほとんど必要としない。

施工手順

①資機材搬入、足場仮設

②反力体設置(支柱基礎反力体設置工・ラテラルアンカー工・インターミディエイトアンカー工)

③支柱設置

④ロープ設置(インターミディエイトロープ、バーチカルロープ、ラテラルロープ、サポートロープ、リプレイスロープ)

⑤TECCOネット設置

⑥足場解体、資機材搬出