事業分野から探す

リングネット防護柵工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面防災・補修工事
工種
落石対策工
分類
落石防止柵工(高エネルギー吸収型)

特徴

リングネット防護柵工法は高エネルギー吸収システムを有する防護柵である。 落石等の運動エネルギーを主にリングネットおよびブレーキリングの変形特性によって吸収する防護柵であり、エネルギー250kJ~3 ,000kJまで対応可能である。

標準断面図


    

 リングネットの形状および諸元

              

ブレーキリングの変形状況



対応箇所

斜面、切土法面など

 ①道路災害防除

 ②急傾斜地崩壊対策

 ③砂防・治山事業

 ④落石災害の危険性がある工事における安全対策

に用いる。 

利点

①実物大の落石実験(スイス、日本)で繰り返し実施し、高い落石捕捉能力を検証している。 

②支柱間隔は、タイプごとにある程度自由度がある。 
③合理的な下部構造設計が可能である。 
④交換基準が定められていて、適切な維持管理が可能である。 
⑤多様な施工条件に適用可能である。
⑥柵の背景が透けて見え、景観にとけ込む。
⑦(財)砂防・地すべり技術センターから建設技術審査証明を取得している。





施工事例

施工手順

①資機材搬入、足場仮設

②アンカー設置

③基礎部のプレート(グラウンドプレート)設置

④支柱および山側控えロープ(リテイニングロープ)設置

⑤側部控えロープ(ラテラルロープ)およびリングネット懸架ロープ(サポートロープ)設置

⑥ロープ全体の調整

⑦リングネットの設置

⑧金網(ワイヤメッシュ)の取り付け

⑨全体の調整

⑩足場解体、資機材搬出