事業分野から探す

ロックマスター工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面防災・補修工事
工種
落石対策工
分類
岩盤接着工

特徴

ロックマスター工法は、浮石と岩盤の間や不安定な岩盤等の亀裂に、特殊モルタルを充填して接着し、原位置に固定する工法である。

対応箇所

岩盤斜面

利点

①自然の景観に配慮した工法である。 

②小規模から大規模まで岩盤斜面に対応可能                            
③大型機械が不要で施工性に優れる。                                
④現状の安定性を維持した施工ができる。                             
⑤急斜面でも施工可能である。                           
⑥斜面と保全対象間に余裕がなくても施工可能である。                          
⑦塩害に強く耐久性がある。                                   
⑧風化の進行を遅らせることができる。                              
⑨既設対策工の劣化部の追加補強が比較的容易である。                          
⑪他工法との併用が容易である。

施工手順

 ①準備工(足場等の仮設、浮石・転石の除去) 

 ②調査工(対象岩盤の亀裂状態および寸法諸元の確認) 

 ③清掃・洗浄工(施工箇所の土砂・草木、岩片等の除去および亀裂内面の高圧洗浄)

 ④目地工(亀裂表面のシール)

 ⑤充填工(亀裂内へのモルタル充填)                           

 ⑥片付け工