事業分野から探す

熱赤外線による法面診断

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面防災・補修工事
工種
非破壊検査
分類
診断技術

特徴

熱赤外線カメラを用いて、モルタル吹付の表面温度の変化を測定し、吹付背面の空洞化や風化の進行を面的に把握する調査方法である。

対応箇所

モルタル・コンクリート吹付法面ほか

利点

①対象物の温度を非接触で計測できる。 

②温度分布として映像化された状態で表示されるため平面的な観察が容易である。

施工手順

①計画準備

②熱赤外線映像撮影

③補足調査 

④整理・まとめ 

 

調査事例



調査状況