事業分野から探す

二重管ストレーナ工法複相式

事業分野
地中事業
カテゴリ
地盤改良工事
工種
薬液注入工法
分類
二重管ストレナー工法

特徴

二重管ボーリングロッドをそのまま注入管として利用します。ステップごとに1次注入として瞬結ゲルタイムの注入を行い、所定外への拡散を防止し、2次注入として緩結ゲルタイムの注入を行い、土粒子の間隙への均一な浸透を図る工法です。施工が簡単であることから、現在大部分がこの工法で施工されています。

対応箇所

施工状況(ライナー立坑側部・底部)


利点

①瞬結材でロッド周囲をシールするために、対象地盤からの注入材逸出が少ない工法です。

②砂質土地盤に対しては浸透注入によって土粒子間浸透を図れるので、地盤変状が小さく構造物に対する影響が少ない工法です。
③粘性土地盤に対しては瞬結材を注入することにより、圧密による改良効果が得られます。

施工事例

施工手順