事業分野から探す

フリーフレーム工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面崩壊抑制・抑止工事
工種
法枠工
分類
現場打吹付法枠工

特徴

フリーフレーム工法は、合理的な金網型枠の特性と吹付工法の特徴を生かして、切土のり面・自然斜面などに連続した枠を作る工法である。

対応箇所

道路、ダム、急傾斜地などの法面保護工および斜面安定工に適用する。                                                                                      

利点

①部材が変形自由で軽量であるため、作業性が良い。

②部材は金網型枠であり、埋殺しするので、解体作業が不要である。
③モルタル打設は吹付工法によるため、仮設が簡単で作業スペースをとらない。
④実績から選定した適切な網目によって、吹付け時のリバウンドロスをスムーズに排出させる。
⑤地山に直接モルタルを吹き付けるため、地山と枠が一体となり十分な強度が得られ、洗掘作用を受けにくい。
⑥すべての枠が連続しているため、地山の崩落に対する抵抗力が増大する。

施工事例

施工手順

①準備工
②法面清掃工
③ラス張り工
④鉄筋組立・型枠組立工                                                   
⑤アンカーピン打設工                                                     
⑥吹付工                                                            
⑦枠内中詰め工
⑧後片付工

施工事例


                  道路工事での事例

                                      道路工事での事例


     急傾斜地崩壊対策工事での事例(既存の樹木を残した事例)

                           急傾斜地崩壊対策工事での事例