事業分野から探す

ソイルクリート工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面崩壊抑制・抑止工事
工種
法枠工
分類
簡易吹付法枠工

特徴

ソイルクリート工法は、従来の金網型枠を用いず、簡単な組立枠を用いた半円状の枠断面である吹付法枠工法である。 盛土のり面対応のAタイプ、切土のり面対応のMタイプ、地山補強土工の併用が可能なダイザタイプがある。 モルタル材料にアラミド短繊維を混入し、吹付モルタルの整形性、ひび割れ抑制や凍結・融解抵抗性の向上を図っている。

対応箇所

のり面勾配1:0.6より緩勾配の自然斜面および切土・盛土の造成のり面

利点

●簡易な組立枠を使い、凹凸に沿った施工ができる。

●直接、地山にモルタルを吹付けるので、密着性に優れ基礎コンクリートを必要としない。
●表面水の排水性に優れ、枠内の滞水を防ぐ。
●縦横の連続して枠なので、表層剥落に対する抵抗力を持つ。
●緑化基礎工として機能し、安定した緑化をはかることができる。
●資材が軽量であり、設置が容易であるため、施工性、経済性に優れている。
●標準スパン以外の対応が容易である。

施工事例

施工手順

①準備工
②法面清掃工
③ラス張り工
④鉄筋組立・組立枠設置工
⑤吹付工
⑥枠内植生基材吹付工
⑦後片付け工                                                         

施工事例   

           道路法面での事例