事業分野から探す

フィットフレーム

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面崩壊抑制・抑止工事
工種
アンカー受圧板工
分類
RC受圧板

特徴

フィットフレーム工法は、グラウンドアンカーおよび鉄筋挿入工の独立受圧構造物として、開発されたRC受圧板工法である。予め配筋した鋼製有孔型枠の背面に、地山の凹凸に対応できるようにフィットシートを取り付けておき、斜面上をグラウンドアンカーで固定し、型枠内に高流動コンクリートを打設する工法である。

対応箇所

切土法面または自然斜面、地すべり対策、擁壁等

利点

①地山に密着する。 

②施工性に優れる。 
③経済的である。 
④高品質である。

施工事例

施工手順

①グラウンドアンカー打設(削孔・注入)
②フィットフレーム据付・仮定着
③高流動コンクリート打設
④緊張・定着
⑤頭部背面処理
⑥後片付け


施工事例


            フィットフレームの施工事例

             フィットフレームの施工事例