事業分野から探す

GRASP

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面崩壊抑制・抑止工事
工種
アンカー受圧板工
分類
現場打ち受圧板

特徴

GRASP工法は、小型軽量で角度調整可能な鋼製支圧板と現場打吹付鉄筋コンクリート製受圧板が一体化した受圧構造物を用い、グラウンドアンカーによる抑止力を段階的に導入し、法面の安定を確保する斜面安定工法である。  

対応箇所

自然斜面、崩壊が予想される法面、崩落してしまった法面、擁壁補強など

利点

①二次緊張方式なので、逆巻工法に有利な工法である。

②鋼製支圧板及び鉄筋は小型機械や人力で扱えるような軽量なコンパクトな部材であるので、急傾斜地や高低差のある法面や、狭い大型重機の進入不可能の現場にも適応できる。 
③現場打吹付コンクリートを使用しているので、地山との密着性が良い。 
④現地の条件に合わせた部材が選定でき、経済的である。

施工手順

①準備工

②グラウンドアンカー削孔・注入

③鋼製受圧板設置

④一次緊張・仮定着

⑤鉄筋組立・型枠設置

⑥受圧板吹付

⑦二次緊張・定着

⑧後片付け工


施工事例