事業分野から探す

切土補強土工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面崩壊抑制・抑止工事
工種
補強・抑止工
分類
鉄筋挿入工

特徴

切土補強土工法は、地山を削孔し鉄筋などの比較的短い棒状補強材(モルタルまたはセメントミルク内に鉄筋等の芯材を設置したもの)を多数挿入することにより、地山と補強材の相互作用によって切土法面全体の安定性を高める工法である。

対応箇所

切土法面、擁壁など

利点

①補強材・施工機械が軽量・小規模であることにより、施工の省力化を図ることができる。 

②急勾配での施工により用地、掘削土量の軽減を図ることができる。 
③逆巻き施工により、安全施工が可能になる。 
④動態観測の実施により、施工時の安全性・経済性が高まる。 
⑤変状時でも、増し打ちなどの対応が可能である。

施工事例

施工手順

標準的な施工手順
①機械据付
②削孔
③注入
④補強材挿入
⑤頭部処理 


施工事例


           吹付法枠工と切土補強土工の併用