事業分野から探す

ノンフレーム工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面崩壊抑制・抑止工事
工種
補強・抑止工
分類
鉄筋挿入工

特徴

ノンフレーム工法は、自然斜面の樹木をできるだけ伐採せずに、斜面表層の不安定部を長さ3~5m程度の自穿孔式補強材による補強土工と、支圧板の効果と補強材頭部の連結効果により、複合的に斜面の安定化を図る工法である。



 


対応箇所

小崩壊の可能性がある自然斜面ほか    

利点

①斜面上の樹木を残して施工するので、景観・環境保全に寄与する。 

②斜面の改変をしないで施工することにより、樹木伐採や切土・法面整形、植生工といった工程が不要であるので、工期短縮・コスト縮減が実現できる。 
③斜面の改変をしないで施工することにより、応力開放・雨水の浸入などで施工中の斜面の安定性を損なうことなく、施工の安全性の向上につながる。 
④小規模の設備で施工するので、狭い施工ヤードでも施工が可能である。 
⑤二次製品の支圧板を用いるので、急傾斜での作業が省力化される。

標準断面

標準配置図



施工事例

施工手順

標準的な施工手順(自穿孔)

  ①準備工

  ②位置決め工

  ③足場工

  ④削孔工

  ⑤孔内清掃工

  ⑥注入工

  ⑦確認試験工

  ⑧支圧板設置工

  ⑨頭部連結材取付工

  ⑩片付け

施工事例