事業分野から探す

パワーネット工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面崩壊抑制・抑止工事
工種
補強・抑止工
分類
鉄筋挿入工

特徴

パワーネット工法は、不安定な斜面表層などの全体を素線強度1,770N/mm2を誇る高強度ネットで覆い、安定地盤にネイル(異形棒鋼)で固定する、柔構造の斜面安定工法である。


パワーネットの標準構造


高強度ネットの諸元





対応箇所

切土法面ほか
 災害復旧工、急傾斜地崩壊対策工、老朽化モルタル吹付面の対策工、落石予防工、落石発生源対策工ほか




利点

①コンクリート構造物に比べCO2排出量が大幅に減り、環境負荷が低減する。 

②柔構造のネットなので、地震や凍上隆起などによる地山の歪みに対して追随し、耐震性・耐凍上性に優れる。
③材料の多くは二次製品であり、安定した品質が確保でき、吹付枠工に比べ、施工管理項目が軽減する。
④二次製品なので、施工時には気象の影響を受けにくい。
⑤作業工種が少なく、気象の影響を受けにくいので、工程・工期の大幅な短縮が可能となる。

施工事例

施工手順

標準的な施工手順(孔壁が自立する場合)

 ①のり面清掃工

 ②高強度ネット資材運搬工

 ③ネイル設置工(削孔・注入)

  ④グラウンドマット工

 ⑤高強度ネット張工

 ⑥締付工