事業分野から探す

クモの巣ネット工法

事業分野
法面事業
カテゴリ
斜面崩壊抑制・抑止工事
工種
補強・抑止工
分類
鉄筋挿入工

特徴

クモの巣ネット工法は、防食加工した高強度ネットとプレート及び補強材等の組み合わせにより、比較的小規模のすべりを抑止する脱コンクリート法面保護工法でである。


設計思想

クモの巣ネット工法は、法面全体の安定については補強工で抵抗するものと考え、地山補強土工等で計画された補強材間の中抜け(すり抜け)のすべり力を法面表面に張った高強度ネッの引張り力で抵抗するものと考える。又、その抵抗力の有効範囲は、クモの巣プレートと高強度ネットの交点数が有効となる。
 

高強度ネットの規格



対応箇所

小崩壊の可能性がある自然斜面および切土法面ほか                                                          

利点

①高強度ネットの使用により、崩壊土塊の中抜けを防止する。

②コンクリート構造物を使用せず、法面全体に緑化工等が併用できる。

③破棄物がほとんど発生しない、環境に優しい工法である。

④法面上での鉄筋組立やコンクリート打設等が不要なため、工期短縮でき、コスト縮減になる。 

⑤地山に凹凸がある場合でも、ざぶとん裏込工法によりクモ用プレートが地山に密着できる。

施工手順

標準的な施工手順(ざぶとん枠使用) 

 ①準備工

 ②法面清掃

 ③補強材打設工(削孔・注入)

 ④ざぶとん材設置

 ⑤高強度ネット張工

 ⑥クモ用プレート設置

 ⑦ざぶとん材注入

 ⑧頭部処理工

 ⑨後片付け工