事業分野から探す

斜面樹林化工法(2層吹付システム)

事業分野
法面事業
カテゴリ
環境緑化工事
工種
植生工法
分類
在来種播種工(地域性種苗利用工)

特徴

 斜面樹林化工法は,国内産在来種子を使用した播種工による自然回復緑化工法です。近年では,外来生物法などを踏まえてイネ科牧草類などの外来種を使用しない法面緑化への関心が高まっており,「道路土工-切土工・斜面安定工指針(平成21年度版)」にも,播種工に用いる主な植物として24種の在来木本植物が掲載されています。

 イネ科牧草類などの外来種と比較して発芽率の変動が大きい在来種を法面緑化で使用するためには,品質が明らかな種子を用いて施工する必要があります。斜面樹林化工法は,早期発芽力検定法で品質検定した国内産在来種子を用い,独自の種子貯蔵出荷施設(RSセンター)から供給する品質保持材入り計量袋詰種子(レミディシーズ)を使用します。

 また,従来の植生基材吹付工の施工プラントに種子供給機を増設し、吹き付けする生育基盤の表層2cm部分のみに種子を混合する「2層吹付システム」を採用することにより、貴重な国内産在来種子の有効活用とコストダウンを実現しました。加えて、非面的に植生基材を吹付ける「エコストライプ仕様」での施工により、周辺植生の自然侵入を促進すると同時に、植生基材吹付工の市場単価と同程度、あるいはそれ以下のコストで国内産在来種による法面緑化が可能となります。詳細はエコストライプ工法を参照願います。

 斜面樹林化工法(2層吹付システム)は,外来種を使用する従来の植生基材吹付工(厚層基材吹付工)に代わる,生物多様性に配慮した自然回復緑化工法です。

   工法の詳細は斜面樹林化技術協会のホームページを参照してください。

対応箇所

 植生基材吹付工(厚層基材吹付工)に準じます。

  • 土砂,礫質土,岩質法面
  • 山腹崩壊地
  • 1:0.6より緩勾配

利点

  1. 国内産在来種による生物多様性に配慮した自然回復緑化工法で,外来種(要注意外来生物)は使用しません。
  2. コスト縮減と貴重な在来木本種子を有効活用する2層吹付システムを標準仕様とします。
  3. 非面的に吹付するエコストライプ仕様との組み合わせにより、周辺植生の自然侵入を促進し、さらなるコストダウンを実現します。
  4. クオリティの高い品質保持材入り計量袋詰種子(レミディシーズ)を専用貯蔵施設(RSセンター)から供給します。
  5. 日本樹木種子研究所が早期発芽力検定法(KT-060003-V,H25~活用促進技術(NETIS登録掲載期間終了))で種子の品質を証明します。
  6. 長年の経験と施工実績に基づいて地域に適した種子配合を提案します。
  7. 強酸性土壌対策(アルプラス工法)などと併用が可能です。
  8. 耐侵食性が大きく,木本植物の発芽生育に適する材料配合で早期自然回復を実現します。
  9. 地元や地域で採取された種子をRSセンターで貯蔵し,緑化工事で使用する施工にも対応可能です。

施工事例

施工手順

手順1 法面清掃工
手順2 金網張工(条件により,短繊維材の混合(ノンラス仕様)で金網張工を省略することができます)
手順3 吹付工


施工プラント全景

  • 従来の施工プラントに種子供給機を増設して施工します。


従来工法と2層吹付システム生育基盤の違い

  • 1回の吹付作業で表層2cmのみに種子を配合します。


施工後の景観の変化

 6年2ヵ月後                          10年10ヵ月後
 新緑が美しい春の景観                     紅葉が美しい秋の景観












参考資料

  • 斜面樹林化技術協会のホームページからダウンロードしてください。
    No.
    資料名
    1
    道路土工指針に掲載されている国内産在来種リスト 
    2
    2層吹付システムによるモルタル吹付面の樹林化事例 

    3

    寒冷地における斜面樹林化工法の施工事例 
    4
    RSセンターによる国内産在来種種子の供給体制 
    5

    RSセンター貯蔵種子と一般流通種子の品質比較