事業分野から探す

CDM工法

事業分野
地中事業
カテゴリ
地盤改良工事
工種
機械撹拌工法
分類
スラリー撹拌

特徴

CDM工法とは、スラリー化したセメント系硬化材を軟弱地盤に注入し、原位置土とともに攪拌混合し、化学的に固化させ柱状の改良体を造成する機械攪拌工法です。

対応箇所

CDM工法の用途には、大きく以下の2つに大別されます。
・本設利用・・・各種構造物の基礎地盤を改良、強化します。
・仮設利用・・・地盤の掘削を行う際、仮設構造物として用いられます。
また、近年は土圧軽減や液状化対策などへの用途が拡がっています。

主な用途 施工機械


利点

①所要強度が確実に得られ、耐震性に優れた工法です。
②改良形状を壁式・格子式などにすることで、コストの低減が可能です。
③施工管理項目を集中コントロール方式で行い、信頼性の高い施工管理が可能です。
④低振動・低騒音の工法です。
⑤施工実績が豊富です。
⑥攪拌翼による改良なので、確実に円柱状の改良ができます。

施工事例

施工手順

CDM工法 施工手順

適用地盤と貫入長