事業分野から探す

EX-DJM工法(拡大径 粉体噴射撹拌工法)

事業分野
地中事業
カテゴリ
地盤改良工事
工種
機械撹拌工法
分類
粉体噴射撹拌

特徴

EX-DJM工法は、従来の改良径Φ1,000mm×2軸をΦ1,200mm×2軸、Φ1,300mm×2軸に大口径化する事で、施工能率の向上、工期の短縮、コストの低減を図る工法です。

対応箇所

 対象地盤に応じた拡大改良径Φ1200mm,Φ1300mmを選定、使用することで大断面・大容量化により施工効率が向上します。面的に広範囲を改良する形式(接円式全面改良)などの改良土量が多い現場では、工期・コストの縮減効果が得られます。
拡大径攪拌翼 改良径の比較




利点

① 改良径の拡大により改良面積が大きくなることから、施工能率の向上、工期の短縮、コストの低減を図ることが出来ます。
② 生石灰、セメントの他、粒径5mm以下のスラグ、排煙脱硫石膏など様々な種類の材料を使用できます。
③ 集中管理装置による信頼性の高い施工管理が可能です。
④ 施工実績が豊富です。
⑤ 低振動・低騒音の工法です。
⑥ 改良地盤の盛り上がりが少ないので、発生土処理量を軽減できます。
⑦ 水を使用しないので、現場がきれいに保てます。

施工事例

施工手順


適用地盤と貫入深度