事業分野から探す

ジオドレーン工法(水平排水機能にもプラスチックドレーン材を適用した地盤改良工法)

事業分野
地中事業
カテゴリ
地盤改良工事
工種
排水促進工法
分類
バーチカルドレーン

特徴

ジオドレーン工法は、プラスチック製のドレーン材を軟弱地盤中に打設し土中の水分を排出させ、水平ドレーン材を使用することにより、サンドマット用の良質砂を使用しない工法です。

対応箇所

護岸・埋立地・盛土の沈下促進として用いられます。
通常は、載荷盛土工法と併用されます。


利点

① 水平ドレーンにもプラスチック製ドレーンを使用するため、良質砂を必要としません。
② 水平ドレーンの使用により、サンドマットと比較して圧密遅れを改善できます。
③ ドレーン材は工場生産で高性能・品質も一定で、また軽量で施工性に優れています。
④ ドレーン材の構造は、複合構造遊離型なので、地盤変位時の追従性に優れています。

施工手順