事業分野から探す

DEPP工法(過剰間隙水圧消散工法)

事業分野
地中事業
カテゴリ
地盤改良工事
工種
液状化対策工法
分類
過剰間隙水圧消散

特徴

DEPP工法とは、液状化の可能性がある砂地盤中に、合成樹脂製のドレーンを所定の間隔で鉛直に設置することによって、地震時に発生する過剰間隙水をドレーン内に早期に流入させ、過剰間隙水圧の上昇を抑制・消散し液状化を防止する過剰間隙水圧消散工法です。

対応箇所

① 緩い砂質土地盤
② 控え式矢板護岸岸壁・護岸背面
③ 地中構造物の周辺・直下
④ 既設埋設管周辺
⑤ タンク・建築物等の既設構造物周辺
工法の原理ドレーン材




利点

① 周辺に影響を与えない
  静的圧入工法により振動や騒音がほとんど発生しないので、施工時に周辺に影響を与えることはありません。
② 運搬・打設作業が容易かつ迅速
  ドレーン材は、合成樹脂製であり軽量なので、運搬および打設作業が容易かつ迅速に行えます。
③ 確実な施工管理システム
  パソコンを用いた専用施工管理装置の導入により、施工管理が容易かつ確実にできます。
④ 排水能力を半永久的に保持
  ドレーン材フィルター部は目詰まりが起きにくく、またドレーン材自体も劣化しないため、排水能力を半永久的に保持できます。

施工手順