千葉県浦安市が公募した「浦安市が管理する施設を利用した液状化対策工法の実証実験実施事業者」に、「静的圧入締固め工法(CPG工法)」を、三信建設工業(株)、みらい建設工業(株)、東興ジオテック(株)が共同で提案し、実施事業者に選定されました。 
 CPG工法は、これまで空港施設やビルなどの既設構造物を対象とした液状化対策工法として実績を積んできました。 
 本実証実験は、東日本大震災で被災した戸建て住宅をはじめとした小規模構造物の液状化対策としてのCPG工法の適用性を検証するものです。 実証実験は10月下旬から実施しており、11月中旬に見学会を開催する予定です。 

« ニュースリリース一覧へもどる