事業分野から探す

RSセンター種子貯蔵法

事業分野
法面事業
カテゴリ
環境緑化工事
工種
関連技術・資材
分類
種子の貯蔵代行

特徴

・ 独自に開発した貯蔵技術を用い、木本植物種子の貯蔵代行を行っています。

・ 専用貯蔵施設(RSセンター)では、国内産自生種種子をはじめ地元や地域で採取された種子でも、最適な条件で貯蔵管理することにより、発芽率を維持したまま貯蔵することができます。生物多様性に配慮し、周辺環境と調和のとれた景観形成に有効な現地採取種子を利用した自然回復緑化をサポートします。

・ 貯蔵方法は、樹種ごとに早期発芽力検定法(KT-060003-V(NETIS登録掲載期間終了))を用い最適な貯蔵条件を数年間かけて調査し、採用しています。

・ 貯蔵代行でお預かりした種子は、まず貯蔵に最適な状態に調整され、貯蔵中は定期的に早期発芽力検定法で品質検査を行い、適切に管理されます。

・ 貯蔵した種子を施工で使用する場合、種子配合にしたがって1施工単位ごとに、種子自動計量袋詰設備で品質保持剤と一緒に袋詰し、出荷することも可能です。

対応箇所

  • 種子全般
  • 貯蔵可能期間については樹種ごとに異なるので、お問い合せください。

利点

  1. 独自に開発した貯蔵技術により、木本植物種子の活力を維持したまま貯蔵することができます。  
  2. 現地採取種子を緑化工に使用する場合も、施工まで種子を劣化させることなく貯蔵することができます。  
  3. 貯蔵中の種子は定期的に早期発芽力検定法(KT-060003-V(NETIS登録掲載期間終了))で品質検査を実施し、適切に管理されます。  
  4. 種子配合に従って1施工単位ごとに、種子自動計量袋詰設備で品質保持剤と一緒に袋詰し出荷することも可能です。
  5. 現地採取種子を利用した自然回復緑化をサポートします。

施工事例

施工手順

手順1 種子入荷
手順2 種子調整
手順3 種子貯蔵施設で貯蔵・管理
手順4 種子返納(1施工単位ごとに計量・袋詰めも可能)

種子調整状況

  • 貯蔵前に夾雑物の除去や含水量調整等を行います。


種子貯蔵状況

  • 種子の種類に応じて最適な条件で貯蔵します。


種子自動計量袋詰設備

  • 緑化工事で使用する場合は,1施工単位で計量袋詰めして出荷します。